初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬種グループ:テリア(小害獣の猟)

ヨークシャー地方の人々によって作られた犬種で、土中や岩穴に棲息している、キツネ、ウサギ、アナグマ、イタチ、カワウソなどの猟に使われていました。
テリア種は短肢長胴の短肢テリアと、長肢短胴の長肢テリアに分けられます。テリア種の多くはドイツのミニチュア・シュナウザーを除いてイギリス原産となっています。

現在テリア種は一部の実猟犬を除いてほとんど愛玩犬に近い存在となっています。

テリアとはラテン語で「土を掘る」という意味があります。

●ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア ●ジャック・ラッセル・テリア ●ミニチュア・シュナウザー

スポンサードリンク