初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬の避妊手術のメリット【病気】

 犬の避妊手術を行うことにより、かかりにくくなる病気は
 子宮の中に膿がたまってしまう子宮蓄膿症や、乳腺腫瘍、子宮内膜炎などがあげられます。

 避妊手術を初めての発情がくる前に行った犬と、避妊手術をしなかった犬では、乳腺腫瘍になる可能性が300倍違うとも言われています。

スポンサードリンク