初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬の応急処置【呼吸の確認】

【呼吸の確認】
 呼吸数を確認します。15秒間胸の動きを数え、4倍にします。(この時、胸を圧迫すると危険な場合があります。必ず触らないように確認しましょう。)

 呼吸数は犬の大きさにより違い、大型犬の場合には1分間に10回程度、小型犬の場合には30回程度あります。

 胸の動きを見て、呼吸数を確認できない場合には、鼻の前にティッシュを持っていきその動きで数えることもできます。

 犬の応急処置【気道の点検・確保】 【心臓の状態を調べる】 【犬の人工呼吸】 【犬の心臓マッサージ

スポンサードリンク