初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬の口輪(エリザベスカラー)

 犬が事故などにあってけがをした場合、犬に意識があるときには、犬を捕まえて押さえます。そしてまず、あなたと犬の安全を確保しましょう。そして犬の状態を確認します。
 この際、犬が怖がっていたり、けがの痛みがひどい場合には、予想外の行動をすることがあります。そのため必ず口輪をするようにしましょう。
 口輪がない場合には、布製のひもなどを代用して、必要であればエリザベスカラーを利用しましょう。

【エリザベスカラーの作り方】
エリザベスカラーは、傷口や縫合部位などを保護するために使われます。

1.犬の顔より5㎝程度長い、やわらかいプラスティック製やゴム製の植木鉢、またはダンボール、穴を開ける際に必要な千枚通し、布製の紐、接着テープを用意します。
2.植木鉢を利用する場合には、底を抜きます。
  ダンボールの場合には、大きな三日月状に切り円錐状のものをつくります。
  切断面には犬が怪我をしないように接着テープを張ります。
3.円錐形の小さいほうの円縁に3、4ヵ所穴を開け、ひもを通します。
4.完成したものを犬の首に装着して、紐を首輪に結びつけます。

スポンサードリンク