初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬の凍傷の応急処置

 寒い環境にさらされ全身が冷え切ってしまい、もっとも寒さに弱い、犬の体の先端部分(耳の先や尻尾、オス犬の場合には睾丸)が部分的に凍傷になることがあります。

【症 状】耳の先端部分が蒼白あるいは赤く腫れる
      耳、尻尾、肢の先端を触ると痛がる、皮膚が冷たく萎びた状態になっている

【凍傷の処置】
1.まず肢端や耳、尻尾を調べて凍傷の有無を確認します。
  凍傷になっている部分を温かいタオルでくるんでマッサージをします。このとき皮膚をこすりすぎないように注意しましょう。
2.ぬるま湯(熱すぎないように注意しましょう)で患部を温めます。患部の皮膚の色が黒ずんでいたら、すぐに病院に連れていってください。

犬の低体温症の応急処置】【子犬の病気・疾患 体温低下

スポンサードリンク