初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

ワクチン接種(予防接種)で予防できる病気

 ワクチンで予防できる病気には次の種類があります。すべてのワクチン接種を受けておくことが万全ですが、犬の生活する環境によって省かれるワクチンもあります。
 接種するワクチンの内容については獣医師とよく相談して決めるようにしましょう。

・狂犬病 (狂犬病ワクチンは狂犬病予防法により年1回のワクチン接種が義務付けられています)
・犬ジステンパーウィルス感染症
・犬パルボウィルス感染症
・犬伝染性肝炎
・犬アデノウィルス2型感染症
・犬パラインフルエンザウィルス感染症
・犬レプトスピラ病カニコーラ型
・犬レプトスピラ病黄疸出血型
・犬コロナウィルス感染症
・犬レプストピラ病ヘブドマディス型

スポンサードリンク