初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬の予防接種:ワクチンとは?

 ワクチンとは特定の病原菌に対する免疫を作るために必要なものです。

 初めて病原菌又は細菌が犬の体内に入って来た場合には、その病気にかかってしまいます。しかし、それを耐経すると、その病気には二度とかからなく免疫が作られます。その現象を利用して病気から体を守るものがワクチンです。

 ワクチン接種しておけば、万が一、その病気に感染しても、発症が防いだり、比較的軽症ですんだりします。
 現在ワクチン接種で防げる病気はいずれも感染したら命を落とす可能性のある病気ばかりです。そのためワクチン接種は、愛犬を病気から守るために必要不可欠なものです。

スポンサードリンク