初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

犬のしつけ:首輪に慣れさせる

 愛犬を散歩にいくときは必ず首輪(カラー)とリード(引きひも)をつけるようにしましょう。突然、首輪やリードをつけても嫌がり、抵抗します。
 そのためには、まず子犬に首輪を慣れさせ、その後にリードをつけて慣れさせましょう。

○首輪に慣れさせる
 最初から首輪をつけるのではなく、リボンなどをつけて慣れさせます。その後、首輪をつけるようにします。首輪をつけるときも、はじめから長時間つけるのではなく、短い時間つけ・外し・つける、という方法が良いでしょう。徐々につける時間を長くしていきます。

○リードに慣れさせる
 首輪にリードをつけた状態で自由に遊ばしておき、リードに慣らします。その後、飼い主がリードを持った状態で一緒に遊んであげましょう。
 この時、飼い主が犬の後を追うことが無いようしましょう。散歩の時に引っ張るクセがついてしまいます。要注意です。

スポンサードリンク