初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

ドッグフードの種類:ウエットタイプ

 ウエットタイプのドッグフードは水分量が約75%含まれています。缶詰タイプが多いようです。
このタイプのドッグフードは密封されているので保存性には優れています。しかし開封後には日持ちがしませんので直ぐに使い切るようにしましょう。
 またこのタイプは他のタイプに比べ価格が割高で、栄養のバランスも欠けています。

 しかし、犬がもっとも好むのもこのタイプです。そのため基本はドライフードにして、時々ウエットタイプのものを与えると愛犬が喜ぶと思います。

スポンサードリンク