初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

子犬のいたずら

 子犬が新しい環境になれてくると、いたずらが始まります。床や子犬の口が届く範囲に、ものを出したままにしないようにしましょう。
 犬は探究心の強い生き物です、何でもくわえてしまい、うっかりすると飲み込んでしまいます。特に子犬の口の中に入ってしまうような小さなものは必ず片付けましょう。

【犬が異物を飲み込んでしまったときの応急処置】

 子犬は机や椅子の脚などの家具も咬んで傷つけてしまいます。これらは『しつけ』で直すことも出来ますが、犬を飼ううえである程度は覚悟が必要です。どうしても咬まれて困るものは、始めから部屋から出しておくことを強くお勧めします。

スポンサードリンク