初めて犬を飼う人のための『犬の動物学事典』

責任ある飼い主【手続き2:狂犬病予防注射】

犬を飼うにあたって、飼い主が必ず行わなくてはならない義務を行政が定めています。

○年に1度、狂犬病予防注射を接種して下さい
 狂犬病は昭和32年以降日本での発病は確認されていませんが、狂犬病は人間に感染するウィルスで、発病すると確実に死亡する怖ろしい病気です。
 海外では今でも死亡例が多くあるため、犬を輸入している現状からウィルスが入ってくる可能性があります。そのため狂犬病予防法による、飼い犬へ狂犬病予防注射を接種することが義務づけられています。
 狂犬病予防注射の効力は約1年です。毎年必ず狂犬病予防注射を受けてください。

スポンサードリンク